企業のマイナンバー管理 収集代行

企業のマイナンバー管理 収集代行

マイナンバー制度がはじまってからまだ日は浅く、移行期間中ということでマイナンバー収集を渋っている企業もまだあることでしょう。

マイナンバーのBPOの有益性の紹介です。

手元で管理するには荷が重いと感じてしまう個人情報ですので、腰が重くなるのも無理はありません。

BIGLOBEニュースの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

マイナンバーは源泉徴収や確定申告等で必要となってきますので、完全移行してしまう前に確実に手を打っておく必要があります。大企業など社員の数が多い企業では収集代行サービスを利用しているところも少なくはありません。



収集代行サービスもサービスをおこなう企業によってやり方は様々です。
インターネットからマイナンバーを登録し隔離サーバーで管理するものや、マイナンバーの情報を郵送してもらい厳重な保管庫などで管理をするというものがあります。


会社で収集確認する必要もなく個人の判断に委ねる事が出来るので、大企業や中小企業、アルバイトやパートなどをメインに雇っていて人の入れ替わりが激しい企業などでは非常に便利なシステムです。

代行サービスでは辞めていった人のナンバーは確実に削除されるので、手元で管理している場合に発生するナンバーの情報をシュレッダーに恐る恐るかけるような負担はありません。

収集代行のメリットは年末調整などの事務的な部分にナンバーの情報が必要である場合、代行サービスがそれらの事務作業を変わりに行なってくれる場合があるということです。

サービス会社によってはナンバーの入力が必要な場面によっては様々なオプションをつけていてくれるので、それらを参考に検討するのもよいでしょう。

  • 注目情報

    • マイナンバーを運用するためには企業においてもその収集や本人確認が必要となります。マイナンバーというのは公平で公正な社会を実現し、行政の効率化、利用者の利便性の向上などを目的に実施されているのです。...

      detail
  • 仕事の情報まとめ

    • すでにマイナンバー制度が始まり、住民票住所に通知カードが送付されていますが、マイナンバーは社会保障、税金、災害対策などの分野で情報を管理して、複数の機関が持っている個人情報を一元的に管理することができるようにするものです。これは国民の利便性を向上させるということ、行政の効率化、そして公平で公正な社会を実現するために開始されたものであり、企業もマイナンバーを収集して管理をしなければならないことになります。...

      detail
  • 最新情報

    • マイナンバー制度に移行期間に入り、企業では就業者のマイナンバー登録をしなければいけなくなりました。しかし、大企業など人数が多い企業や、アルバイトやパートなどの変動のある就業者がメインの企業となるとマイナンバーの管理が非常に難しいのが実情です。...

      detail
  • 仕事の重要知識

    • マイナンバーは社会保障と税金の分野で利用されていて、行政や利用者の手続きを簡略化することと、公平で公正な社会を実現するために始まりました。実際運用が始まると会社では対応しなければならない事が数多くある事がわかってきたのです。...

      detail